ページトップへ戻る

つくってみたいを応援!印刷の豆知識

  1. 印刷通販デジタTOP
  2. コラムTOP
  3. ポリ袋
  4. レジ袋有料化!エコな時代に対応する印刷アイテム

レジ袋有料化!エコな時代に対応する印刷アイテム

ポリ袋

2020年7月1日からプラスチック製買い物袋(レジ袋)の有料化がスタートしました。海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化などの解決、資源の循環化や廃棄物削減のための取り組みで、事業者はもちろんのこと私たち消費者一人ひとりがライフスタイルを見直さなければいけないタイミングです。
今回はこれからの買い物袋としてのポリ袋の使い方やエコバッグに関連したアイテムのデザインのご提案をいたします。

リユースできるポリ袋でエコに貢献

今回有料化の対象となる買い物袋は「購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋」です。プラスチック製であってもフィルムの厚さが50マイクロメートル(0.05mm)以上ある袋は、繰り返し使えることから有料化の対象外となっています。デジタで取り扱っているポリ袋は80マイクロメートルと十分な厚みがあり基準を満たしています。
画像のポリ袋はアパレルショップのショップバッグとしてA3用サイズ(33×49cm)で作成しました。有料化の対象外のポリ袋を使う際の注意点として、50マイクロメートル以上の厚みがある内容の記載やマークを表示しなければいけません。
こちらのデザイン例では袋の右下部分にマークと文章をどちらも入れてあります。表示は印字に限らずシールでもかまいません。省庁や団体などの推奨の識別マークのデザインが現時点で見当たらなかったので私たちの方でつくりました。デジタの印刷通販サイトにも用意してあります。ご自由に使ってください。
購入品によって買い物袋は軽くて耐水性がある方が良い場合が多々あると思います。布地のトートバッグは重く汚れやすく洗う手間もあり、できるだけ複数回使う努力をした上でポリ袋を使用した方が衛生的によい事もあります。カバンに小さく折りたたんで入れておけば、コンビニでのちょっとした買い物なら十分使えます。もし破れたり、汚れてしまった場合にはゴミ袋代わりにして最後まで有効的に使えます。
マイバッグ推奨ではありますが、なかなか実現できない場合には厚手のポリ袋を繰り返し使用すれば、結果的にレジ袋の抑制につながります。はじめから100%脱プラスチック生活に切り替えることは難しいです。自分たちにできることから少しずつ始めてみましょう。

マイバッグの“面倒“を減らすならナイロン生地トート

次にお店のショップバッグとは別にオリジナルのエコバッグを販売する場合のおすすめバッグをご紹介します。
食品や衣料品の買物なら定番の「レジ袋型」より重さに耐えられる「トートバッグ型」がおすすめです。さらにカバンに入れて持ち歩く事を考えれば大容量でもコンパクトにたためられるナイロン素材がおすすめです。とにかく軽くてかさばらず、キャンバス地や綿素材よりも乾きが早く手軽に洗えて便利です。

今回ご紹介する「00783-TLN ナイロンレジャートート」なら価格も288円と一般的な布地のトートバッグより安いです。バッグのカラーは蛍光色2色を含む鮮やかなカラーが豊富な全9色展開となっています。
バッグのデザイン例はポリ袋と同じアパレルショップのオリジナルエコバッグです。存在感抜群の蛍光イエローが新鮮なアクセントとなって普段使いにも兼用できそうですね。バッグの大きさは幅37cm×高さ42cmでA3用紙(29×42cm)より横にさらに大きく内容量は20ℓと大容量です。留め具などが付属していないのが残念ですが、実際に折りたたんでみたところ10cm以内に小さく収まりました。1枚単価を考えれば十分なコスパです。

目にとまる告知で認知してもらう

今回の買い物袋有料化に伴い1枚3円で販売するお店もあれば5円もあります。また先程紹介した事例のように、厚手の袋や環境に配慮した素材の袋を使う事で無料のまま買い物袋を使用するお店もあり、各店舗によって対応が異なります。
まだスタートしたばかりの制度とあってよりわかりやすい告知が必要になります。また有料か無料かだけでなく、プラスチックの袋を完全に廃止して紙袋に移行した場合には、お店が環境に配慮しているポジティブなメッセージとしてPRしてもいいかもしれません。
こちらのデザイン例では店内で販売中のオリジナルトートバッグの告知用としてレジ周辺に貼る角形のスイングPOPを用意しました。繰り返し使える厚手の買い物袋を使用することで無料で対応する内容の告知をレジカウンターにシールを貼って表示しています。シールは水に強い「合成紙-ユポ-」を使用し、トレイの移動や商品の受け渡し時に傷がつきづらく、店内清掃の際に軽く水拭きしても大丈夫なようシールにはラミネート加工がしてあります。
レジ回りであれば卓上で目にとまりやすい「三角POP」や動きで目立つ「スイングPOP」がおすすめです。レジのカウンターや飛沫防止フィルムにシールを貼って告知するなら、後からキレイに剥がせる「再剥離タイプのシール」が最適です。
今回はレジ袋有料化後の店舗対応のヒントになりそうな商品のご提案でした。ご自身のお店に合うデザインと商品で効果的な販促につなげてもらえればと思います。