ページトップへ戻る

つくってみたいを応援!印刷の豆知識

  1. 印刷通販デジタTOP
  2. コラムTOP
  3. シール・ステッカー
  4. たっぷり入ってるのが嬉しい!フレークシール・ステッカーをつくってみた!

たっぷり入ってるのが嬉しい!フレークシール・ステッカーをつくってみた!

シール・ステッカー

ここ数年、文具女子に人気が高い「フレークシール」を自宅で印刷・カットをして手作りされる方たちが増えてきました。
フレークシールとはデザインに沿って1つずつ⼩さくカットされたシールのことです。minneやcreemaなどのハンドメイド系のアプリだけでなく、100円ショップやLOFTなどでも販売されて一般的になっています。1枚ずつよりもシリーズで統⼀されているので、手帳などのデコレーションによく使われます。
今回はフレークシールを商品として既に販売されている方や、これから販売してみたいという方たちに向けて、印刷所に注文するときのポイントと販売するときに便利なパッケージや資材をご紹介します。

貼るのは手帳だけじゃない!紙を変えればステッカーにもできる。

フレークシールはデジタで注文の場合「台紙ごとカット」の納品形態を選択で注⽂できます。納品形態については過去の記事にて解説しています。
ただし、注文可能なサイズが縦横4cm以上という入稿ルールのため、通常のフレークシールよりも⼤きめになります。
⼿帳に貼るには⼤きいので、スマホやノートPC、アウトドアグッズなどへのデコレーションできるステッカー⽤途がおすすめです。

今回はキャンパー向けのアウトドアギアへの貼り付けを想定したフレークシールパックです。自宅のインクジェットプリンタで印刷して自作する方もいますが、印刷所で制作する最大のメリットはステッカーの耐水や耐久性、印刷の発色などの品質です。家庭用プリンターとは格段に違いがあります。ご自身でカットするよりもクオリティが高く手間も大幅に削減できます。ぜひ一度お試しください。
6つのキャンプグッズのイラストをデザインしました。それぞれイラストの形に合わせたカットラインのデータも必要になります。全て約4cmほどの大きさで統一しました。アウトドアブランドのステッカーやオリジナルキャンプステッカーの周辺を可愛らしく装飾したり、ツールボックスに貼れば内容物の整理に役立ちそうですね。
今回はステッカー印刷の白PETに印刷しました。さらに印刷面保護のためオプションで光沢PETラミネートの加工を施してあります。より強い用紙をお探しの方は白塩ビがオススメです。
ちなみに制作例を実際に注文した場合、1種類につき10枚で約1,800円(@180円)、100枚なら約3,500円(@35円)ほどになります。印刷枚数が多ければ多いほど、単価が下がりお得になります。

“映える”ための秘訣はペーパーヘッダーと台紙

フレークシールはまとめて1袋に梱包されているのが⼀般的です。1枚ずつのバラのシールのため、ただ袋に詰めてあるだけの状態だとなんだか素っ気無いです。複数デザインを1枚のシールにまとめたマルチシールのようにシールの周りまでデザインし完成度を高くする事はできません。その分パッケージにもこだわってオリジナルのデザインするのがオススメです。
今回は袋詰めした時にシールの背景になる台紙と、袋の上部にホチキス留めするペーパーヘッダーを作成しました。
デジタではどちらの印刷もPOP印刷のカード型で注文することができます。台紙は「カード角型」で袋よりほんの少し余白をとると梱包する際にスムーズに入ります。ペーパーヘッダーは、カードにオプションで折り目と抜き加工を追加するので「自由カード型POP」での注文になります。
実店舗やイベントで販売する場合には「抜き加工」でフック⽳を開けておくと陳列しやすく便利です。オンラインのみの販売なら「折り目」の追加だけで十分です。

今回のデザインのようにシールのデザインに合わせたパッケージをそれぞれ用意できればベストですが、自分のブランドのロゴを印刷するだけでも見た目のクオリティがグッと上がります。

すぐ貼りたいなら1つにまとめてコスパよく注文

フレークシールはデザインをそれぞれ一つずつの注⽂する必要があります。今回の例では6パターンの注文になります。注文枚数が少ないと割⾼になってしまい気軽にたくさんのパターンを揃えるのは費用がかさみます。
販売⽤途でなければバラのシールにしたりパッケージに強くこだわる必要はありません。⾃分用に使いたいだけの場合や知人・友人に配ったりする目的なら、シールを1枚の台紙内にまとめるのがおすすめです。
見た目のデザイン性には欠けますが、価格と剥がしやすさ重視であれば納品形態を「1枚四角カット」+「カット追加」で注⽂すると低価格でシール周りがカス取りされた状態で納品されます。
価格の目安として、今回の6つのデザインすべてを配置したシートが10枚(全60枚)で約3,400円(@57円)です。1デザインを6個バラバラに注文するより格段に安くなります。
今回はキャンプをテーマに屋外でも使えるステッカー素材をご紹介しましたが、デジタでは屋内で使える安価なシール用紙もたくさんご用意があります。
ハンドメイドマーケットでは手書きイラストの食べ物や花、動物のデザインや写真を加工したデザインなど様々な人気シリーズのフレークシールの作品が販売されています。テーマやシリーズに合わせたフレークシールを、高品質な印刷とオリジナルパッケージでワンランク上の作品づくりにチャレンジしみてはいかかでしょうか。